読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒグコハ

子供と一緒に遊び、瞑想。

google画像検索とInstagram、どっちが便利?

f:id:ri-nyo:20160721161456p:plain

3周遅れぐらいでInstagramを使い始めましたが、既存のメジャーな単語のバリエーション豊かな「画像」を知りたい場合はInstagramはかなり便利かもしれません。

スポンサーリンク

 

類似画像検索の場合はやっぱりgoogle便利です

画像検索といっても

  • 単語に関係する画像を検索する
  • 特定の画像に類似する画像を検索する

と大まかにわけて2つありますが、特定の画像に類似する画像を検索したい場合は文句なしにgoogleが便利です。

googleの類似検索は元画像が必要ですが、それさえあればかなりの精度で目当ての検索結果を探し出してくれます。

具体的には

images.google.co.jp

ここのサイトで、単純にパソコン上の画像をドロップしてやるだけでOKです。

試しにクレープっぽい画像を

f:id:ri-nyo:20160722101524p:plain

先ほどのサイトにドロップすると

f:id:ri-nyo:20160722101813j:plain

ちゃんとクレープの画像と判定され

f:id:ri-nyo:20160722102034j:plain

類似の画像と、一致した画像があればそのページも表示されます。

オリジナリティのある検索結果を求めるならInstagram

一方、Instagramは基本的に画像を使ったSNSサービスなので登録されている画像しか検索出来ません。

その代わり、一つ一つの画像が各ユーザーが独自に作成したものなので、googleの文字で画像を検索した時の結果と異なり、検索結果がほとんど被りません。

なので、

  • ある程度メジャーな特定の単語で
  • バリエーションのある検索結果が欲しい

場合はInstagramの方が便利です。

具体的には

  • 料理
  • キャラクターグッズ
  • 服飾品

など、見た目重視なものが適切なようです。

先日、Instagramをメインに検索ツールとして使っている女性についての記事を拝見しましたが

note.mu

確かに特性上、女性受けしやすいものがInstagramでの検索に適切なのかもしれません。

先ほどのクレープでもgoogle検索結果は

f:id:ri-nyo:20160722102624j:plain

このように、どこか似た代わり映えのしない結果なのに対し

Instagramでは

f:id:ri-nyo:20160722102828j:plain

ちょっと人が邪魔ですが、ぱっと見分かるぐらいバリエーションの幅が違っています。

まとめ

google画像検索は類似検索、またメジャーではない画像も検索できるという長所があり、Instagramはメジャーな分野であれば個性的な画像を手に入れることが出来るという長所があります。

目的に応じて、画像検索を使い分けできると便利ですよ!

スポンサーリンク