読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒグコハ

子供と一緒に遊び、瞑想。

ティク・ナット・ハンのマインドフルネス体験記1

f:id:ri-nyo:20160512191006p:plain

歩き、座り、食べ、歌う。全てが瞑想。

 

東京でティク・ナット・ハン師のスタイルで行う瞑想会が開催されたので参加してきました。

開催場所はとある都内の植物園。

快晴で絶好のお散歩日よりでした。

参加呼びかけがTwitterとFacebookで行われており、そこだけでは詳しい参加人数が分からず若干不安だったのですが、二十人近く集まりました。

以前別の瞑想会でお会いした方もいてちょっと安心。

主催の方は残念なことにお休みされていたのですが、代理の方が丁寧に進行して下さいました。

鐘は叩く、ではなく招きます

まず挨拶と鐘の招き方を教えて頂いた後、全員で歩く瞑想からスタート。

とはいえ、他の瞑想会のようにゆっくり歩いていると怪しいこの上ない(苦笑)なので、「地面の感触、光、風」を感じながら歩きます。

集中力を鍛える、という感じではないのですが緑豊かな公園内を暖かい陽射しを浴びながら、一歩一歩ゆったりと歩くのは心が洗われるように気持ちよい体験でした。

ある程度歩いた所で全員が輪になって座れる広場があったのでそこで座り、今度は座る瞑想。

どちらも鐘を合図に始めるのですが、鐘の後に呼吸の感覚を三回確かめるのが特徴的でした。

体験記2に続きます。