読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒグコハ

子供と一緒に遊び、瞑想。

テトリスじゃないのよ!家族で陣取りゲーム『ブロックス』

ブロックス (BJV44)

 

煽り文句は伊達じゃない、ということで本当に簡単で面白い家族で出来る陣取りゲーム『ブロックス(Blokus)』。

最近ボードゲームを遊ぶ一方で全然紹介できていなかったので久々の記事ですw

スポンサーリンク

 

目次

ルールが子供に説明しやすい!

このゲームの最大の特徴は何といっても「子供に説明しやすい」でしょう。

入っている備品は

  • 白い20マス×20マスのボード1個
  • 赤、青、緑、黄4色のピースがそれぞれ21個(全部形が違う)

だけです。

ルールも簡単。

  1. 自分の色を決めたら、初めの1手はボードの一番角にピースが載るように置く
  2. 2手目からは「自分の色のピースと角と角が繋がるように」ピースを置く(※辺が重なってはいけません)
  3. 交互にピースを置いていき、ボードをより多くの自分のピースで埋めた方が勝ち

これだけ!ワーオ!

長男とプレイしてみたところ大接戦

さくっとルールを説明してみたところ、

「うん、わかった!」

と言って早速遊び始める長男。

時折、「これいい?」と聞いては来ますが基本的に置き方は間違ってません。

やっぱりルールがシンプルっていうのは素晴らしいですねw

このゲームのコツは

  • 自分だけが置ける「安全地帯」を広く囲う
  • 相手の領域を潰すために相手の領域に侵入していく

をバランス良く行っていくことにあるのですが、子供ならではの柔軟な発想で思いもかけないところピースを配置してくるため、虚を突かれまくってお父さん大苦戦!

ほとんど本気で勝負してギリギリの勝利となりましたw

なお、こういうパズルゲームはムキになるお母さん、頭の使いすぎで一戦終わった後は頭から火を噴いておりましたw

小さい子なら「先に置けなくなったら負け」だけでも十分遊べそうです。

次男(2歳)にも触らせてみたお

f:id:ri-nyo:20161017173315j:plain

いろんな形・色のピースがじゃらじゃらあるのに興味をひかれたようで、次男が寄ってきましたのでそのまま見ていました。

自分の並べたい順番とか、隙間に埋めたりするのが楽しいようでもくもくとパッチンパッチンピースをはめておりました。

ブロック系の組み立て遊具が多くて、パズルなど形遊びが出来る遊具が我が家には少なかったのでこれは調度良かったです。

もう少し次男も大きくなったら4人でぜひ遊びたいものです♪

まとめ

ルールもシンプル、人数も2~4人とメンバーに柔軟性があるため家族で遊んだりパーティでのゲームにも最適な『ブロックス(Blocks)』。

他のボードゲームに比べて家電量販店などでも良く売られているため、手に入りやすいと思います。

持っている人も多いので、ぜひ一度シンプルなゲームデザインを楽しんでみてください! 

ブロックス (BJV44)

ブロックス (BJV44)

 

スポンサーリンク